パナソニックエコキュートのヒートポンプユニットから水漏れしている原因や対処法について

パナソニックエコキュートのヒートポンプユニットから水漏れしている原因や対処法について

公開日:2024年6月24日 更新日:2024年6月24日 執筆:エコテック担当者
カテゴリ:トラブル
パナソニックエコキュートのヒートポンプユニットから水漏れしている原因や対処法について

パナソニック製のエコキュートを利用していて、ヒートポンプユニットから水漏れしていませんか?ヒートポンプは別名「室外機」と呼ばれるもので、室外機の下が濡れてしまっている状態で「水漏れしているかも?」と心配になっている方も少なくないでしょう。

室外機の下が濡れているのは単なるエコキュートの仕組みによるものかもしれません。

ここでは、パナソニック製のエコキュートを利用している方に向けて、室外機の下が濡れている場合に水漏れなのか、故障なのかなどについて詳しく解説していきます。

また、パナソニック製のエコキュートでエラーコードが確認できる場合には、以下のページもご参照ください。

■パナソニックエコキュートのエラーコード一覧

パナソニック(national/ナショナル) エコキュートのエラーコード別 原因と対処法と修理費用目安

パナソニックエコキュートのヒートポンプから水が…

水漏れ

パナソニックエコキュートを利用している中で、ヒートポンプユニットから水が出ていると感じる方もいるでしょう。ヒートポンプユニットから水が出ているとき、これは故障なのでしょうか?

基本的には「結露」

パナソニックエコキュートのヒートポンプで水漏れが生じていると感じるとき、それは、ヒートポンプユニットの下が濡れていることで「水漏れしているのではないか」と感じることでしょう。

しかし、パナソニックエコキュートのヒートポンプの下が濡れている理由は、結露水の排水によって濡れているだけかもしれません。

パナソニックエコキュートでは、沸き上げ運転時のヒートポンプで、空気熱交換器が低温となることで、周りの空気が冷やされて結露が起こります。この結露から出た水が結露水となり、エコキュートの通常運転時に多い時で10リットルほど出るものです。

そして、その結露水をヒートポンプユニットの下部からドレンホースによってドレン排水という処理が行われることによって水が排出されています。

これは故障なの?

結露水の排水は故障で起きるものではなく、ヒートポンプユニットが正常運転している証拠です。つまり故障ではありません。

ただし、ドレンホースが詰まってドレン排水が正常にできていない状態だったり、ヒートポンプ内部からの水漏れが確認出来たり、エコキュートの配管から水漏れが起きている状態の時には、通常運転ではなく異常な状態となり、エコキュートが故障している可能性があります。

このようなときは、エコキュートの修理専門業者に連絡をして、点検・修理・交換などの対処をしてもらうことが必要です。

パナソニックエコキュートの仕組みについて

仕組み

ヒートポンプの下から水が漏れている状態になぜなるのか、まずはエコキュートの仕組みについても確認していきましょう。

パナソニックエコキュートの仕組み

パナソニックエコキュートの仕組みについて確認していきましょう。

パナソニックエコキュートがお湯を作る仕組みは、ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットの二つのユニットで構成されており、ヒートポンプユニットでお湯を作り、そのお湯を貯湯タンクユニットに送り、貯湯タンクユニットで貯められたお湯をお風呂やキッチンに送るという仕組みになっています。

ヒートポンプの役割

ヒートポンプユニットでは、お湯を作るための熱を取り込むため、大気中の空気をファンで取り込み、その取り込んだ空気の中にある熱を、空気熱交換器によって取り込み、圧縮機にかけ、さらに熱を高温にしたうえで貯湯タンクユニットから受け取った水をお湯に変え、貯湯タンクユニットに送るということを行っています。

ヒートポンプユニットの役割はお湯を作ることとなっており、その際に必要となる熱交換の仕組みの際に、周りの空気が冷やされて結露水ができるという仕組みになっています。

結露水ができることは決して異常なことではなく、通常時に起こることとなっています。

エコキュートのヒートポンプから水漏れする原因

なぜ

次に、エコキュートのヒートポンプから水漏れする原因について、考えられる原因を細かく見ていきましょう。

結露によって水が排出している

先述したように、ヒートポンプユニットでは、結露が起きることによって結露水が生まれます。この結露水がドレンホースからドレン排水されることによって、ヒートポンプユニットの下や周りが濡れて、水漏れしているのではないかと感じることがあります。

こちらは故障ではなく、通常時の運転で異常ではありません。

凍結によって故障してしまった

寒冷地にお住まいの方は、水道管が凍結してしまわないように、水抜きをして就寝することがあるでしょう。エコキュートの配管も同じように凍結する可能性があります。凍結してしまうことで配管が破損し、故障してしまうということが起きます。

冬の間、水漏れしていることが確認できた場合、配管の凍結により水漏れが起きてしまっている可能性があります。

排水ホースの不具合が生じている

結露水などを排水する排水ホースが詰まってしまったり、不具合が生じてしまったりすると、排水がうまくいかずに水漏れが起きている可能性があります。ドレンホースが落ち葉やゴミなどで詰まってしまうことで、うまく排水できていない可能性があるため、ホースの詰まりなど確認する必要があります。

配管が損傷している

凍結以外の原因で配管が損傷してしまっているケースもあります。経年劣化などによりエコキュートの配管が損傷してしまい、水漏れしているという可能性があります。

寿命による劣化が原因

パナソニックエコキュートを長く利用している方は、エコキュートの寿命によってさまざまな部品が経年劣化し、不具合が起きている可能性もあります。エコキュートの寿命は10年~15年ほどと言われているため、10年以上経過している方は、寿命が近づいている可能性もあります。

メンテナンス不足

日々のメンテナンスを一切していない場合、ドレンホースの詰まりやエコキュートの不具合によって水漏れが起きてしまっている可能性もあります。エコキュートは精密機械のため、日々のメンテナンスや清掃が必要です。メンテナンスを怠ることでエコキュートの寿命も短くなる可能性があります。日々の清掃や点検を行うことがおすすめです。

エコキュートを移動して外れた

エコキュートの設置場所を変えたいということで、自分でエコキュートを移動することで、配管が外れてしまい、水漏れするというケースもあります。エコキュートはそれぞれ配管や配線でつながっており、無理に移動させると配管・配線が外れ、エコキュートが稼働しないことも起こります。自分で無理に移動しようとせず、専門業者に依頼して移動するようにしましょう。

パナソニックエコキュートでヒートポンプ水漏れの際に見られる症状

配管

次に、パナソニックエコキュートでヒートポンプからの水漏れが起きた際に見られる症状について確認しましょう。

お湯が出なくなる

パナソニックエコキュートで水漏れが起こると、お湯が出ないという症状が出る場合があります。お湯が出なくなったり、水しか出なかったり、ぬるいお湯が出たりするという場合には、水漏れなどの故障が起きている可能性がありますので、専門業者に相談し早急に対処してもらいましょう。

電気代や水道代が高くなる

エコキュートで水漏れが起こると、いつもより電気代や水道代が高くなるという現象が起きます。常に水が漏れている状態になるため、水道代が高くなることはもちろんのこと、お湯が漏れていることでエコキュートは常にお湯をタンクの中に貯めるために稼働し、そのため電気代も高くなります。いつもりよ、水道代や電気代が高いと思ったら、エコキュートの水漏れを疑いましょう。

室外機が常に濡れた状態になる

パナソニックエコキュートの室外機が常に濡れた状態になっている場合にも、エコキュートからの水漏れの可能性があります。先述したように結露水によって室外機の周りが濡れていることはありますが、ヒートポンプの下からぽたぽたと常に水が出る場合など、水漏れの可能性がありますので、点検・修理してもらう必要があります。

パナソニックエコキュートでヒートポンプからの水漏れを応急処置する方法

疑問

次に、パナソニックエコキュートのヒートポンプで水漏れしたときの応急処置方法を確認していきましょう。

まずは止水しよう

パナソニック製エコキュートでヒートポンプから水漏れを確認したときは、応急処置として、まずは止水します。エコキュートの電源を落とし、止水栓を閉じます。そうすることで、まずは水漏れを止めることができます。

水漏れを放置したままにすると、重要な部品が水にぬれて大きな修理が必要になるケースもありますので、まずは止水しましょう。

業者に相談する

次に、エコキュートの修理業者へ連絡をして、専門業者に点検・修理をお願いします。

止水栓を閉じて水漏れが止まったとしても、一時的な応急処置にしかなりませんので、根本的な解決は専門業者に依頼するようにしましょう。

パナソニックエコキュートの根本的な解決方法

ポイント

次に、根本的な解決方法についても確認していきましょう。

ヒートポンプユニットの点検・修理

パナソニックのエコキュートでヒートポンプユニットから水漏れを確認し、結露水などが原因ではない場合、水漏れ箇所の確認と修理が必要です。これには専門知識が必要となるため、専門業者に依頼して実施してもらいましょう。

ヒートポンプユニットの交換

状態によってはヒートポンプそのものを交換する必要がある場合もあります。専門業者に点検をしてもらい、水漏れの修理を依頼した際に、経年劣化などにより修理が困難で交換が必要になるケースもあります。10年以上エコキュートを使っている場合には、このようなケースもあり得ると考えておきましょう。

パナソニックエコキュートの修理依頼先は?

相談

パナソニック製のエコキュートを修理するには、どのような業者に依頼するべきなのか、確認しておきましょう。

据付店に相談する

エコキュートを据え付けてくれた業者に連絡するという方法があります。設置時に有料延長保証に加入している場合には、据付店に相談することで、無料で対応してくれることがあります。

専門業者に依頼する

有料延長保証に加入していない場合や、保証期限が切れた際などは専門業者への依頼がおすすめです。エコキュートの修理専門業者は、豊富な知識と実績を持ち、メーカー研修を受けているスタッフが駆けつけてくれるので、安心して任せることができます。

中でも24時間365日受付をしている業者や、さまざまなメーカーの実績がある業者がおすすめです。

パナソニックエコキュートのヒートポンプに係る修理費用

コスト

パナソニックエコキュートのヒートポンプを修理する場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。費用としては、ざっくり30,000円~100,000円程度(エコテックの場合には16,500円~)になりますが、状態によっても異なるため、まずは見積もりをもらうことがおすすめです。

交換する部品や修理する内容によって異なりますので、信頼できる業者から見積もりを事前にもらいましょう。

パナソニックエコキュートの寿命はどれくらい?

古いエコキュート

パナソニック製のエコキュートを使っている方の中には、寿命を気にしている方もいるでしょう。一般的にエコキュートの寿命は10年~15年と言われており、10年以上利用しているエコキュートは交換のタイミングが近づいている可能性があります。

エコキュートは永年使えるものではなく、時期が来たら交換しなければなりません。

そのため、10年以上経過しているエコキュートを利用中の方は、タイミングを見て交換することで、新しい機能が付いたエコキュートを利用することができますので、交換する方がかえって長期的にみると節約になるかもしれません。

まとめ

ここまで、パナソニック製のエコキュートを利用している方に向けて、ヒートポンプユニットの下が濡れている場合には水漏れなのか?をご紹介してきました。結論を申し上げると、ヒートポンプユニットの下が濡れている場合には水漏れの場合とそうではない場合があります。

結露などによって水漏れのように見えるケースもあれば、実際に水漏れしているケースもあります。自分で判断が難しい場合がありますので、水漏れかもしれないと感じたら、まずは専門業者に相談してみましょう。

エコキュートは高額商品ですので、大々的な故障になってしまう前に対処しましょう。

点検や修理に関する無料相談のお問い合わせ先について

下記の専用ダイヤルまでお問い合わせください。

エコテック 無料相談&修理専用ダイヤル

365日・24時間受付(日曜・祝日はもちろん、夜間受付も対応しています)

電話番号

0120-987-818

インターネットインターネットでの相談や修理依頼は
こちらからお問い合わせください
  • お電話頂く際には番号をお確かめの上、お間違いのないようにお願いします。

エコテックとは

エコテックはエコキュートのプロフェッショナルとして、累計1万件以上の相談・修理・交換実績がありますので安心してお任せください。

  • ・一都三県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)全域対応
  • ・全メーカー対応
  • ・24時間365日受付 最短即日で訪問可
  • ・工事まで期間が空く場合はヒーターを無料で貸し出し(数量限定)
会社名株式会社エコテック
連絡先0120-987-818
業務内容当社では以下のような点検、修理、交換も年間1200件以上対応しております。オール電化(電気温水器・IHクッキングヒーター)、太陽光発電(パワーコンディショナー・施工・販売・メンテナンス・太陽光発電システム・施工・販売・メンテナンス・エコリフォーム
住所<東京営業所>
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-28-4 日本橋CETビル2F

<神奈川営業所>
〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町2-8-5 関内エメラルドビル3F

<埼玉営業所>
〒336-0021 埼玉県さいたま市南区別所5-15-2

<千葉営業所>
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-7-9 富士見ビル6F

お問合わせ後の流れについて

お問い合わせいただいたら、まずはお電話で状況をヒアリングさせて頂きます。
その後、日程調整の上、エコキュートのプロである担当者が訪問させていただき、 お客様の機器の状況を診断させて頂きます。

修理が出来る場合は、部品の有無を確認し工事日程を調整。
修理が出来ない場合は、交換も含め提案させて頂きます。
※過度な営業はございませんのでご安心ください。

無料相談フォーム

24時間・365日ご相談無料!すぐ駆けつけます!

下記フォームにご入力のうえ、送信ボタンを押してください。(※印は必須)






    ※5MBまで

    ※5MBまで